ライター

録画・音声の書き起こし作業に「オートメモ」が便利すぎた

私は副業でライター業務をしています。案件の1つに、社会人向けの講座内容をブログの記事を作る仕事があります。

講座は動画で共有されるため、書き起こし作業を「オートメモ」という自動書き起こしサービスを活用することで作業がスムーズになりました。一体どんなものなのか、お伝えします。

AutoMemo(オートメモ)とは

AutoMemoは、文字起こしのボイスレコーダーです。AIボイスレコーダーで精度が高く、会議などの議事録に使われています。

モニター付きとスティックタイプの製品が販売されています。

私はウェブ上で完結する、文字起こしサービスを利用しています。(今のところ無料で利用できる)

文字起こしサービスの使い方

1)オートメモのサイトで「文字起こしサービス」を立ち上げる

2)AppleまたはGoogleのIDでログインする

※文字起こしサービスは、アプリでテキストを確認します。

3)音声ファイルをアップロードする

私は動画(mp4)でアップロードしています。

4)「テキスト化を実行」をクリックする

データを入れてから少し待つと、クリックできるようになります

注意点としては、1日に使用できるのは1時間ほどの音声データ。1時間以上の音声をテキスト化したい場合は、数日間で分けてアップロードする必要があります。

5)アプリで文字起こしされたデータをダウンロードする

テキストをPCへ共有して、テキストデータを元に講義動画を見て書き起こしをしています。

精度が高いのでそこまで修正が手間でないので、かなり作業が楽になりました。