ライフハック

マネーフォワードMEとクラウドを連携してみた

昨年秋に転職しました。ただ会社の年末調整に間に合わないようで、自分で確定申告することになりました。

副業の収入も20万以上を超えたので、どのみち避けられないようです。

まだ確定申告自体は先ですが、早めにアプリで確定申告ができるマネーフォワードクラウドを登録してみました。

普段の家計簿もマネーフォワードMEを使っているので、連携が楽かなと思い選びました。


マネーフォワードMEとクラウドの連携できず苦戦

おすすめの連携順序は、先にマネーフォワードIDを作ることです。

その後、家計簿アプリとクラウドに同じIDでログインすれば連携完了です。

私の場合は、もともと家計簿をマネーフォワードMEでつけていました。そこに、クラウドサービスを使い始めた流れです。

連携できたつもりでいても、MEで確定申告に計上するための操作をしてもクラウド側にまったく反映されないのでおかしいな〜と触っていました。

アプリからアカウントのID確認をしたり、メールアドレス変更をするもメールが届かず、連携に苦戦していました。

マネーフォワードクラウドのアプリから「マネーフォワードMEを開く」というボタンを押せば、連携できない理由が表示されました。

私の場合は、マネーフォワードクラウドのIDとマネーフォワードMEのIDが違いますよというもの。

既存のマネーフォワードMEのIDをクラウドと同じIDに変更できればよかったのですが、それはできず。(すでにID登録されてるアドレスには変更できないっぽい)

結局、もともと使っていたマネーフォワードMEのアカウントを削除して、クラウドで作ったIDでログイン・連携をやり直しました・・・。

ほとんど手入力で入れていたものはなかったので、連携してしまえばほとんど元どおりにはなるのですが。

これからダウンロードされる方は、マネーフォワードIDにご注意ください。


マネーフォワードMEで連携した銀行やカードデータが自動でクラウドに反映される

マネーフォワード確定申告を使うなら、MEと連携するから使うという感じですね。

家計簿アプリで連携したカードや銀行のデータがクラウド側に反映されて、確定申告に入れる・入れないを選ぶだけで仕分けができます。


マネーフォワードクラウドの請求書は毎月自動作成が便利

また、副業の請求書作成では無料の請求書作成できる「Misoca」を使っていました。

これも、クラウドで使えるサービスにマネーフォワードクラウド請求書があったので試して見ました。

Misocaでも不便なく使えていましたが、一部制限があるのでWordベースの請求書で発行していた案件もあったので、それが1つに統一できました。

また、毎月請求書を自動作成する機能もあります。

ABOUT ME
やしば
■年収240万⇨480万 ⇨休みも増えて趣味や副業に時間を使える ■副業で年60万 ■元添乗員(サービス業) ■メルカリ販売数200個越え ■英語学習はゆるく継続中 そんな28歳の会社員です。