ライター

未経験からライター業務で月3万円稼ぐまでの話

未経験から在宅副業で月3万円稼ぐ話
やしば
やしば

こんにちは!やしばといいます。

私は2022年1月現在、ライター業務で月3万円~4万円を稼いでいます。

本業は会社員なので、ライター業務は未経験でした。

「クラウドワークスから始めて、いろんな案件が増えて今の形になった」と伝えるのは簡単です。ただ、月3万に到達するまでに試行錯誤したことはたくさんありました。

例えば初めての案件で大変だなと思って、すぐ離れてしまったり。ハンドメイド商品を作って売ってみたり。そもそも副業をする前にお金の失敗もいくつか・・・。

トントン進む方もいる一方で、私みたいに回り道してやっと月3-4万という人もいます。

この記事では、回り道に焦点を当てて書いています。

具体的な回り道エピソードを読むことで、今立ち止まってしまっている方も「また頑張ろう」と思えたり、切り口を変えるきっかけになれば嬉しいです。

収入を増やしたい、起業したい

私は社会人になって3年目ぐらい、2017年頃に「もっと収入を増やしたい!」と思い始めました。理由は将来のことを考えて・・・でした。ちょうどそのタイミングで、友人から下記の案件に声がかかりました。そして私は・・・

  • 詐欺投資案件に30万近く使う
  • 授業付きのコミュニティに25万近く払い加入する

中には借金をしてでも払ってしまう人がいるそうです。私は50万円程度の貯金から支払いました。これが本当に信じられるものかは分からない、周りに迷惑をかける可能性はあると、自分から人を巻き込まなかったのは幸いです。

また、皮肉にもコミュニティではお金のことをきちんと学ぶきっかけにはなりました。ただ、ファイナンシャルプランナーや簿記3級の勉強をしみると、あのとき習ったこと全部ここにまとまってるや〜んと思いましたが笑。

資金もないのに無理な起業プランを考えたり、なかなか痛い時期をすごしています。

そもそも当時は、副業をすると思っていませんでした。どちらかというと、漠然と大きく稼ぎたいと思っていましたし、具体的な手段を知らず無知なところがあった。そこが当時の弱みでした。

ただ、それも当たり前で、株や投資、副業をしている人って周りにいなかったんですよね。なので手当たり次第に勉強しようと思った結果、一部はよくないハズレも引いたという感じでした。

自分にできること・・・豆本のハンドメイドだ!

ライター業務にたどり着く前、起業したくてマーケティングやセールスの勉強をしました。でも、実践するための売るものがありませんでした。

そこで自分にできることを棚おろししたときに、高校生のときに作った豆本を思い出しました。

「豆本オーダーメイドサービス」「豆本製作キット」など商品を作りminneに販売。Twitterのアカウントも作って、無料プレゼント企画でフォロワーさんのプロフィールを豆本にして送ったりしました。

「豆本を作れるキット」では、購入後に作り方が見れる動画をYouTubeにアップしたりしました。

意外と豆本製作キットがぽつぽつ売れてましたね。今振り返ると、サービスを商品化する流れを小さく経験できたのは今後に役立つとは思います。

今振り返るといろいろやっていて面白いですね・・・。

まったく売れないこともなく、「豆本のオーダーメイド」で愛猫の豆本を作りたいという方のオーダーを受けたり、豆本作りのオフ会をしたこともありました。

しかし、豆本に対する私の情熱が中途半端で、作業量をうまくこなせなくなって、辞めてることにしました。

クラウドワークスでライター仕事を受けてみる

いろいろ取り組むも、継続的に1万円も稼げていないことに気づきました。まずは小さくても収入を得ること経験しようと、クラウドワークスに登録してライター案件に応募しました。

もともとブログは無料ブログ含めて学生時代からやっていたこともあり、ドキドキしながらもとりあえずやってみようという気持ちで受けてみましたが・・・これが想像以上に大変でした。

お題はお土産のランキングを30個まとめるというものでした。今であればザッと30個以上のお土産をリストアップして、どんどん書き進めていたと思うのですが、当時は慎重に調べてすぎていたり何かと時間がかかりました。時給で換算するとむなしいほど・・・

今思えば初案件で時給換算するものじゃないと思いますが、当時はそれでライター案件を継続して受けようとは思えなくなりました。

そして、立ち上げていたブログをだらだらと続けたり、豆本のハンドメイドをやったりといった時期を過ごしました。

きっかけは知り合い経由のライター案件

また、ここまで書いたこととは別で、観光ビジネスを学びぼうと地域の大学が主催している講義を受けたりしていました。私の場合はその繋がりがきっかけになりました。

大学から、過去の受講者に向けてセミナーのブログ記事作成者を募集する案内がありました。ライター業はやっていなかったものの、ひとまず話を聞きたいと手を上げました。意外にもすんなり任せていただくことになり、2021年から書き始めました。

セミナー記事の仕事は、毎回内容の異なるゲストの話に私自身楽しみながら書くことができました。また、単価もクラウドワークスの時と比べるとよかったこともあり、同じライター案件でも幅の広さに驚きました。

とはいえ、このとき手を上げれたのは、過去にクラウドワークスで仕事をした経験があったからです。実際に仕事が決まってから執筆まで数ヶ月時間があったので、その間に書き慣れておこうとクラウドワークスでライター業務の仕事を受けるようにもしました。

すると、クラウドワークスの中でも自分に合う案件に出会えました。

意外にも、失敗だったかなという経験が積み重なっていきました。

知識や経験が積み重なって、地に足がついてきた

こんな感じで情報をつかむアンテナを常に張りつつ、失敗を繰り返してやっと地に足がつきはじめました。楽にすぐ稼げるということはないですね笑。怪しいことに対する耐性もずいぶんつきました。他にもここに書いていない取り組みもあります。

いろいろと回り道をしたものの、今では安定して月3万円はライター業務で稼げるようになりました。

少し稼ぐだけなら、やることは単純なんだと痛感しました。

今は簿記3級の資格勉強をするなど、お金の知識面でも地に足がついてきました。

これからもブログを含めて、力を入れていきたいと思います。

最初の1歩はクラウドワークスでOK

いろいろ書いてきましたが、未経験でライター業務をしたい方はクラウドワークスがおすすめです。案件にマニュアルが揃っていることもありますし、自分の得意なジャンルをPRする提案力の練習になります。

まだクワウドワークスに登録されてない方は、案件だけでもチェックするのがおすすめです↓

CrowdWorks(クラウドワークス)


私は積極的に使えていませんが、ココナラもライター仕事を受けれます↓

ココナラ


最初は時間がかかると思うので案件の数は受けすぎず、「こんな感じか」という体験としてやって見ましょう。そのまま継続して続けてもいいですし、他に興味のある案件に応募していくのもありです。

5記事ほど納品したら、クラウドワークス以外にも仕事がないかアンテナを張っておきましょう。

文章力はやりながら質をあげていく

記事を納品するにあたりわかりやすい文章をかけることは大事ですが、英語のように初級から上級まであると思います。英語も初級でも話すことはできるように、ライターも初級でも受けられる案件はあるということです。

そのため、未経験でも受けられる案件を受けながら、他のの仕事を受けられるように勉強していく・・・ということが大切です。

何より私の場合は、ブログ・ライター業務と平行して、趣味でアイドルライブのnoteも更新していたので、書くことが基本的には苦ではなかったという相性もありました。

好きなジャンルを書いていても辛い・・・という場合は、少し他の副業に目を向けてみてもいいかもしれません。

文章力アップにおすすめの本

初級編におすすめの本をご紹介します。私自身、これを読んで書くときの意識が少しずつ変わりました。

文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック

いきなり全部実践しなくとも、手元にあると詰まったときに参考になります。また、普段の自分の書き振りが基本からズレすぎていないかも確認できます。

ただ、こうしたノウハウ本は参考にしつつ、ブログやnoteは自分らしく書くことも魅力の1つだと私は思っています。

文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック

相手の頭に 「絵」が浮かぶように話しなさい 100%伝わる! 説明のコツ

本当は話すときのとっさの説明が上手になりたくて読んだ本ですが、伝わりやすく書く意識も変わりました。文章力というと、テクニック的な知識も多いですが、そもそも内容をどう伝えるか?がごちゃごちゃしていることもあります。同じ課題感があるかもと思う方には、おすすめの本です。

相手の頭に 「絵」が浮かぶように話しなさい 100%伝わる! 説明のコツ

【参考に】今の副業案件の例

最後に、私が受けている案件の受注ルートをご紹介します。

・セミナー記事の執筆

受講していた大学経由の募集がきっかけです。講義は実務的な勉強のために参加していましたが、偶然にもきちんとしたライター業務を受けられる機会になりました。これはたまたまでしたが、編集者の方と繋がるためにライター育成講座を受けるケースもあるようです。

・ニュースの書き起こし

こちらは、Twitter経由で募集を見かけて応募しました。

意外にもTwitterでライティング募集をしていることもあります。もちろん、変な募集でないか見極めは必要です。ライティングとは異なる書き起こしですが、この経験のおかげで「書くスピード」「内容を捉える力」がついて他の案件の質やスピードも上がりました。

・ブログやサイトの記事執筆

どちらも所属したコミュニティがきっかけ/クラウドワークスの案件です。

募集中の仕事をを見かけたら、「時間的に・スキル的にできそうか」判断して応募するようにしています。

クラウドワークスも、「単価はめちゃ高いのにお試し記事の単価が異常に安い案件」や応募時のエントリーシートが細かすぎるものは私は避けています。反対に、個人の人がポッと出したような案件は意外とよかったりします。

丁寧さ=絶対安心でもないので、見分けながら応募して失敗も成功体験も積んでいきましょう。

ABOUT ME
やしば
■年収240万⇨480万 ⇨休みも増えて趣味や副業に時間を使える ■副業で年60万 ■元添乗員(サービス業) ■メルカリ販売数200個越え ■英語学習はゆるく継続中 そんな28歳の会社員です。