ライフハック

【初心者におすすめ】「料理は本で学べ」買ってよかった料理本

私の好きなラジオに、Podcastの「身も蓋もナイト」(通称みもふた)があります。

パーソナリティは漫画家の東村アキコさんと、虹組キララさん、東村事務所の芸人さんたち。

リスナーのお悩みに回答していく軽快なテンポと、東村先生の視点が面白いラジオです。

そのラジオの中で料理スキルをあげたいお悩みに対して、「料理は本で学べ」という話が出ました。

「え?クラシルやクックパッドがあるのに?」と思いましたが、実際に試してみるとめちゃくちゃよかったです。

実際に料理本から料理を学んでみた

実際に料理本を見て料理することで変わったのは、料理の幅です。

クックパッドやクラシルは、「自分で作りたいものが決まっている」ときに便利ですが、同じものになりがちです。

料理本で学ぶことで今まで作ったことのなかった料理を試す機会になります。

結果、味の幅が広がり料理が前よりも楽しくなりました。

料理下手な人はレシピ動画アプリ「クラシル」から

レシピを見ても失敗してしまうという方は、レシピ動画アプリの「クラシル」がおすすめです。

実は私がそのタイプで、昔はレシピ通りに作っても味がイマイチだと感じることが多かったです。

クラシルで動きを見ながら料理することで、失敗しなくなった!成功体験があります。

そのおかげもあり、普通に料理本から学べるのもあると思います。

なので、めちゃくちゃ料理ベタな方は「クラシル」で食べたい料理を検索することをおすすめします。

料理のおすすめ本

名言の説明を終えたところで、どんな料理本を例にされてたか紹介します。

初心者だとハードル高そう!と思いますが、そう思わずいい感じの料理をいきなり作ってしまうのが大事という話もありました。

Podscast内で東村さんが紹介されていた本

・栗原はるみさんの本

結局料理は味付けが命。美味しいたれが作れたらどんな材料でもうまく料理することができます。


・福田里香さんの本

特定の書籍は紹介なかったので、気になったものをピックアップ。


・志麻さんの本

同じく特定の書籍は紹介なかったので、気になったものをピックアップ。


個人的にオススメな本

現在、私が参考にしている料理本はこちらの2冊です。

「ラクうまごはんのコツ」は、誰しも食べたことがある、和食メニューのコツが紹介されています。

前から持っていて、これを機会に参考に作ってます。


いわしの刺身とか、めっちゃ美味しかったです。おすすめ。

「フライパン煮込み」は、フライパン1つでできる、簡単な煮込み料理がたくさん乗っています。


一人暮らしだと、フライパン1つの料理レパートリーが増えるのは助かります。

調味料の味の幅を知るのにもいい本でした。

ぜひ気になる本からチェックしてみてください。

ABOUT ME
やしば
■年収240万⇨480万 ⇨休みも増えて趣味や副業に時間を使える ■副業で年60万 ■元添乗員(サービス業) ■メルカリ販売数200個越え ■英語学習はゆるく継続中 そんな28歳の会社員です。